代表理事ご挨拶

代表理事 栗原慎二

子どもたちの置かれている現代の時代状況は厳しいものがあり、多くの子どもたちがその中で苦戦しています。

子どもの教育や支援に携わる先生方や保護者の方々も、「何とかしなくては」と試行錯誤をされています。 学校教育開発研究所(AISES)は、そうした方々に、私たちのもつ教育相談・生徒指導・学習指導・カウンセリング・アセス・マネジメント等のノウハウや最新情報を提供し、「教育を通じて子供達に明るい未来を」届けるために設立されました。

現在は、対面とeラーニングの二つの方式による教員免許更新講習や一般研修、書籍・授業案等の提供を行っています。 また子どもに対する学習支援やSST・カウンセリング、保護者の方々に対するペアレントトレーニングや子育て相談等の直接的サービス、学校適応感尺度「アセス」やいじめアンケート「ABCas」の活用や相談などにも取り組んでいます。

2016年度には、こうした取り組みの公益性を認められ、内閣府より公益認定を受けています。AISESは子どものために奮闘努力している先生方のプラットフォームを目指します。

今後ともご理解とご協力を心よりお願い致します。

代表理事  栗原 慎二

当研究所について

AISES『学校教育開発研究所』は、

「子どもと学校への支援、
教育に携わる人材育成を行い、
我が国をはじめ世界各国の教育の向上に寄与する」

ことを目的として設立されました。

そのために、私たちは「支援者の支援」に取り組みます。
具体的には、先生、保護者、カウンセラー、支援員など、子どもの教育や支援に関わって奮闘されている方々に、私たちの学習指導・生徒指導・カウンセリング・マネジメント等のノウハウを提供します。

そのことを通じて、先生方には、教師としてのやりがい、誇り、喜び、確信を高め、生き生きとした教員ライフの支援を提供します。支援者の方々にも同様です。
また、保護者の方々には、子どもへの接し方のヒントやカウンセリングを提供します。


子どもたちの実態が変わりつつある昨今、学校ではこれまでの経験や指導方法が通用しない状況が生じています。

「指導についての確信が持てない」「研修会に参加してよりよい指導方法を身につけたい」という思いの方も多いでしょう。
しかし、研修会と言っても平日の参加は困難ですし、休日も部活動や成績処理などがあります。
地方では希望する研修自体がほとんどないという地域もあるでしょう。

こうしたジレンマを解決するために、AISESは、eラーニングやホームページ、オンラインでのコンサルテーションサービス、直接研修などを通じて、学校教育現場のさまざまな課題に対応するための理論・実践例・教材・教具などを提供します。
私たち特徴は大きく3つあります。
第一に、私たちの方法は実際の学校で大きな効果を上げてきた効果は実証済の方法です。
 第二にスタッフが現職経験をもつ大学教師と、学校での豊富な指導実績を持つ大学教員で構成されています。それは私たちの提供するノウハウが理論と実践を統合したものであることを意味します。
 第三に提供される研修内容は子どもの支援に関わるほぼ全領域をカバーしています。 どのような立場の方でも必ず得るものがあることを意味しますし、すべてを学んだときには、これまでとは違う視座で子どもや教育を捉えることが可能になります。
このノウハウを身につければ、先生の授業も、生徒指導も、学級経営も、そして教師としての自分の生き方も変わるとお約束します。

  • 一流の講師による最先端の理論や実践がいつでも聞き放題。
  • 明日から使える実践記録や指導案が入手可能。
  • 仕事の効率をあげ、授業や教室経営を豊かにするツールが入手可能。
  • 世界のすぐれた教育実践を解説付きの映像で紹介。