タイトル
内容
 
小学校6年生セット
SEL指導案小学校6年 全19時間分のセット販売
1時間分の指導案には、授業で使用するイラストやワークシートがついています。
声のかけ方
授業のねらい
・攻撃的な言い方をアサーティブな言い方に変え,ロールプレイによって体感することで,アサーティブな言葉のよさについて考えることができる。
さまざまな感情への気づきと表現の練習
授業のねらい
・自分の感情に気づくことが出来るようにする。
・教師や友人の表情を読み取る練習をし、日常活動でも取り組めるように意欲づけをする。
自分を知ろう
授業のねらい
・自分の対人関係の持ち方の特徴を知ろう。
・今のまま大切にしていきたい自分と変わりたい自分をつかもう。
ストレスにつよくなろう
授業のねらい
・どうしてストレスが起こるのか理解する。
・ストレスにはいろいろな対処の仕方があることを知る。
・どこでもすぐにできる、簡単な対処の仕方を体験する。
上手な聞き方
授業のねらい
・児童にとって最も必要なスキルの1つである聞き方のスキルを体験的に学び,身につけることができる。
自分の気持ちを伝える
授業のねらい
・自分の気持ちを伝えることの大切さや主張的な話し方の良さに気づかせ、主張的な話し方を身につける。
ストレス解消法
授業のねらい
・ストレスを感じた時の自分の言動の特徴に気づく。
・ストレスの解消法を知る。
上手な頼み方
授業のねらい
・自己表現には3種類(アサーティブ,攻撃的,非主張的)があることをおさえ,自分のことも相手のことも大切にした自己表現方法を練習する。
感情理解&感情手掛かり
授業のねらい
・自他の感情をより深く理解するために、感情の手掛かりを知る。
・感情が表情やしぐさに表れないことを理解し、状況や過去の経験、相手の立場などの手掛かりの重要性を知る。
声のかけ方&頼み方
授業のねらい
・自分から声をかけて関係を作る大切さに気付き、声をかける方法を知る。
問題解決
授業のねらい
・問題場面を取り上げて、より良い解決法を選択する。
いろいろな気持ち
授業のねらい
・この学習のルールを確認する。
・いろいろな気持ちは目に見えないが、顔の表情や体で表現することができ、相手の気持ちもその人の様子を見て知ることができることを知る。
感情を知る手掛かり
授業のねらい
・自他の感情をより深く理解するために、感情の手掛かりを知る。
自分勝手
授業のねらい
・「自分勝手」な行動は、周りの人の気持ちに影響することを知る。
感情の強さ&コントロール
授業のねらい
・「怒り」の感情には、強度があるということを知る。
・「怒り」の強度は、場合や人によって異なることを知る。
多くの解決法を考える(問題解決)
授業のねらい
・問題解決のステップを知る。
・問題を解決するためには,多くの異なる方法があることを理解する。
結果の予想と最も良い解決法の選択・実行(問題解決)
授業のねらい
・問題解決のために考えた解決法の中から最も良い解決法を選択するための結果の予想をする。
・予想した結果の中から最も良いと思う解決法を選択する。
気持ちについて
授業のねらい
・人や場面によって、気持ちの感じ方が違うことを知る。
・同時に2つ以上の気持ちを感じることを知る。
気持ちのコントロール
授業のねらい
・「怒り」の感情を見直し、落ち着く方法を確認する。
・コントロールシグナルのステップに沿って、感情をコントロールする方法が分かる。