タイトル
内容
 
小学校4年生セット
SEL指導案小学校4年生全20時間分の指導案集です。
指導案だけではなく、拡大用掲示資料もついています。
いろいろな気持ち
授業のねらい
・この学習のルールを確認する。
・いろいろな気持ちは目に見えないが、顔の表情や体で表現することができ、相手の気持ちもその人の様子を見て知ることができることを知る。
気持ちのよいききかた
授業のねらい
・聞き手の姿勢や態度が,話し手の気持ちにどういう影響を与えるかを体験し,気持ちのよい話の聴き方を考えることができる。
罪悪感
授業のねらい
・「罪悪感」について知り、「罪悪感」の感じ方は、「わざと」した場合と「偶然」の場合で異なることに気づく。
・「罪悪感」という感情を持った時の対処の仕方について考える。
不安とリラックス
授業のねらい
・「不安」と「リラックス(落ち着く)」の感情について知り、「不安」の感情を「リラックス(落ち着く)」の感情にする方法を知る。
正しい聞き方
授業のねらい
・相手の気持ちを考えた聞き方を学ぶ。
相手の気持ちを考えて,伝え方を考えよう
授業のねらい
・相手の言動から気持ちを考えることができる。
・自分の気持ちをどう伝えればよいかを考えることができる。
恥と照れ
授業のねらい
・「恥」と「照れ」について知り、その感情やその感情を持った人への対応の仕方について考える
ムカムカの気持ち
授業のねらい
・「怒り」の感情には、強度があるということを知る。
・「怒り」の強度は、場合や人によって異なることを知る。
落ち着く方法
授業のねらい
・怒りを感じた時の体の変化に気づくことができるようになる。
・怒りを感じた時の落ち着く方法を知ると同時に,その方法を試す意欲を高める。
怒りのマネジメント
授業のねらい
同じ出来事が起きても、「怒り」の感じ方や表現は人によって違うことを知る。
・怒りなどの感情を持つことは、自然なことだが表現方法によっては、攻撃的・破壊的になったりすることがある。
・怒りの感情は誰にでもあり、表現することは悪いことではないが、怒りを適切に表現する方法を考える。
友達との関わり方(誘い方・断り方)
授業のねらい
・自分の気持ちを伝えたり,相手の気持ちを理解したりする誘い方や断り方が分かる。
断り方
授業のねらい
・人から頼まれた時には、自分の意志をはっきり伝えることの重要性に気づく。
友達との関わり方(断り方)
授業のねらい
・自分の気持ちが伝わる断り方が分かる。
友達との関わり方(誘い方)
授業のねらい
・自分の気持ちが伝わる誘い方が分かる。
困っている人を手伝う
授業のねらい
・自分から声をかけて関係を作る大切さに気付き、声をかける方法を知る。
わくわくとがっかり
授業のねらい
・「わくわく」(希望)や「がっかり」(失望)とは、どういう感情なのかを知る。
・「失望」を感じた時の対処の仕方が分かる。
感情を知る手掛かり
授業のねらい
・自他の感情をより深く理解するために、感情の手掛かりを知る。
聞き方 (傾聴)
授業のねらい
・人の話を聞く時の姿勢や態度が与える影響を体験し、気持ちのいい聞き方を考える。
・気持ちのいい聞き方のロールプレイを通して、話を聞いてくれるうれしさに気づく。
気持ちのコントロール
授業のねらい
・「怒り」の感情を見直し、落ち着く方法を確認する。
・コントロールシグナルのステップに沿って、感情をコントロールする方法が分かる。
問題解決3ステップ
授業のねらい
・身近な問題に対し、起こりうる結果や自他の感情を予想し、話し合う活動を通して、より良い解決法を選択する素地を養う。