タイトル
内容
 
小学校3年生セット
SEL指導案小学校3年生全16時間分の指導案集です。
指導案だけではなく、その授業に拡大して使える黒板掲示資料もついています。
上手な聞き方
授業のねらい
・人の話を聞く時の姿勢や態度が与える影響を体験し、気持ちのいい聞き方を考える。
・気持ちのいい聞き方のロールプレイを通して、話を聞いてくれるうれしさに気づく。
いろいろな気持ち
授業のねらい
・この学習のルールを確認する。
・いろいろな気持ちは目に見えないが、顔の表情や体で表現することができ、相手の気持ちもその人の様子を見て知ることができることを知る。
自分の気持ちを伝える
授業のねらい
・自分の気持ちを伝えることの大切さや主張的な話し方の良さに気づかせ、主張的な話し方を身につける
声のかけ方
授業のねらい
・自分から声をかけて関係を作る大切さに気付き,声をかける方法を知る。
じょうずなたのみ方
授業のねらい
・周りの人に何かを頼む場面での自分の行動を振り返り,用件を伝えるだけでなく相手の気持ちも気づかいながら上手に頼む方法を考えることができる。
・頼み方のポイントを知り,上手な頼み方を実行しようとする意欲を高める。
断り方
授業のねらい
・人から頼まれた時には、自分の意志をはっきり伝えることの重要性に気づく。
落ち着く方法
授業のねらい
・怒りを感じた時に、まず落ち着くことがよいことを知り、その方法を考える。
気持ちのコントロール
授業のねらい
・「怒り」の感情を見直し、落ち着く方法を確認する。
・コントロールシグナルのステップに沿って、感情をコントロールする方法が分かる。
上手な聞き方
授業のねらい
・「不安」と「リラックス(落ち着く)」の感情について知り,「不安」の感情を「リラックス(落ち着く)」の感情にする方法を知る。
わくわくとがっかり
授業のねらい
・「わくわく」(希望)や「がっかり」(失望)とは、どういう感情なのかを知る。
・「失望」を感じた時の対処の仕方が分かる。
感情理解&感情手掛かり
授業のねらい
・気持ちは目に見えないが、顔の表情や体で表現することができ、相手の気持ちもその人の様子を見て知ることができることを知る。
・自他の感情をより深く理解するために、感情の手掛かりを知る。
感情ゲーム
授業のねらい
・自分の感情に気づくことが出来るようにする。
・教師や友人の表情を読み取る練習をし、日常活動でも取り組めるように意欲づけをする。
怒りのコントロール
授業のねらい
・怒りを感じた時には、落ち着いて対応することがよいということを知り、その方法を考えることができる。
正しい聞き方
授業のねらい
・人の話を聞くときの姿勢や態度が与える影響を体験し,気持ちのいい聞き方を考えることができる。
・気持ちのいい聞き方のロールプレイを通して,話を聞いてもらえるうれしさに気づくことができる。
伝え方
授業のねらい
・自己表現には3種類(アサーティブ,攻撃的,非主張的)があることを知り,自分のことも相手のことも大切にした自己表現方法ができる。
最もよい解決法とは
授業のねらい
・身近な問題に対し,起こりうる結果や自他の感情を予想し,話し合う活動を通して,判断基準を意識しながらより良い解決法を選択することができる。