タイトル
内容
 
小学校2年生セット
SEL指導案小学校2年生全18時間分の指導案集です。
本時の展開案だけでなく、掲示資料もついています。
いろいろな気持ち
授業のねらい
・いろいろな気持ちは顔の表情や身体で表現することができ、相手の気持ちもその人の様子からわかることを知る。
いろいろな気持ち
授業のねらい
・この学習のルールを確認する。
・いろいろな気持ちは目に見えないが、顔の表情や体で表現することができ、相手の気持ちもその人の様子を見て知ることができることを知る。
うれしいと悲しい気持ち
授業のねらい
・「うれしい」「悲しい」という気持ちがどんなものであるかを知り、その気持ちを表現することは悪いことではないことを知る。
・気持ちにはプラスの気持ちとマイナスの気持ちに分けられるということを知る
驚きの気持ち
授業のねらい
・「驚き」の気持ちの表情やしぐさ,および状況を理解する。
・「驚き」の気持ちと同時に,他の気持ちを感じることを知る。
怒りの気持ち
授業のねらい
・「怒り」の気持ちの表情やしぐさ,そして,怒りが生起する状況を理解する。
・「怒り」のようないやな気持ちは感じてもよいことを知る。
ムカムカの強さ
授業のねらい
・「怒り」の感情には、強度があるということを知る。
・「怒り」の強度は、場合や人によって異なることを知る。
落ち着く方法
授業のねらい
・怒りを感じた時に、まず落ち着くことがよいことを知り、その方法を考える。
うれしい気持ち
授業のねらい
・「うれしい」気持ちになる場面が分かり、顔の表情、体の動き、声などで表すことを知る。
気もちのおんどけい
授業のねらい
・同じ感情でも,人によってその程度が違うことに気づく。
入れて! いいよ!
授業のねらい
・仲間になることの大切さを知り,仲間に入れてほしい側と受け入れる側の両方の対応を身につけることができる。
気持ちを考えよう
授業のねらい
自分や相手の気持ちを考えながら、気持ちを適切にコントロールして、社会的に好ましい方向と方法で社会生活を送るためのスキルを養うことができるようにする。
よいマナーと悪いマナー
授業のねらい
・マナーにはよいマナーと悪いマナーがあることを知り、ロールプレイを通して自分も相手も気持ちよくなるマナーに気づくことができる。
気持ちをコントロールする方法
授業のねらい
・「怒り」の感情を見直して落ち着く方法を確認し,感情をコントロールする方法を知る
聞き上手になろう
授業のねらい
・体験を通して、人の話を聴く時の姿勢の大切さを学ぶ。
気持ちの良い言い方
授業のねらい
・振る舞いや言葉掛けで相手の気持ちが「快適」や「不快」な気持ちになることを知る。
気持ちの良い言い方
授業のねらい
・自分の行動によって、周りの人たちがいい気持ちになることを知り、ロールプレイができる。
気持ちメータ―
授業のねらい
・同じような気持でも、人によって感じ方の程度が違うことに気づく。
やさしい言葉
授業のねらい
・友だちと仲良くするためのやさしい言葉を考えることができる。