1-1生徒指導面での課題があった山形県米沢市立第四中学校がMLA(マルチレベルアプローチ)に取り組み始めてから3年。中心的に取り組んでこられた4人の先生方にインタビューをしています。

取組当初、保健室では反社会的な行動傾向のある生徒が繰り返し来室していたのが、次年度はそうした生徒は教室に戻っていき、かわって非社会的傾向のある生徒が来室するようになり、3年目になるとそうした生徒も教室に戻っていくようになるという様子が語られます。

生徒指導主事からは器物損壊の状況などが語られます。そうした様子から、3年間の学校の変化が理解できる映像となっています。