中国新聞の平成28年11月3日6面に、本法人のスタッフが中心となって岡山県総社市で取り組んでいる「だれもが行きたくなる学校づくり(だれ行き)」が掲載されました。  また、同紙の平成28年12月5日14面では、学校での生徒指導の在り方について、本法人の栗原慎二代表理事の「単に問題行動に対処するだけでは子どもの成長はない。時間と労力はかかっても、子ども自身が納得する指導をすれば、学校の土壌は変わる」というコメントが掲載されました。 20161208111549-0001_000001