このたびの豪雨災害により被害を受けられました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

また、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されますようお祈り申し上げます。

 

AISESがある広島でも各地で甚大な被害が生じ,心を痛める報道が続いています。

西日本の各地では今も不安な状況が続いています。

これだけの状況ですから,避難所での生活や,再開後の学校の生活でも子どもたちがストレス反応を示すことは人間としてとても自然な反応です。

 

学校で,こうした子どもや保護者・教職員の心のケアについて活用できる情報の参照先をご紹介します。ぜひ活用してください。

 

また,心のケアには,まず「生理的に安定」し,「安全で安心」と感じられることが先決です。

何かプログラムを行うというのではなく,まず,子どもたちが安心感・安全感を感じられることを支援として目指していただければと思います。

 

 

Unicefによる災害時の子どもの心のケアのポイント
https://www.unicef.or.jp/kokoro/

 

文部科学省による学校での自然災害後の心のケアの手引き

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2010/10/01/1297590_06.pdf

 

日本学校心理士会による自然災害後の心のケアについての情報サイト

http://www.gakkoushinrishi.jp/saigai/index.html

 

 

被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

 

          公益社団法人学校教育開発研究所 代表理事 栗原慎二